アクタビス

アクタビスの効果・効能

 

 

アクタビスは、アメリカの製薬会社アラガンが販売しているミノキシジル系の育毛剤です。

 

ミノキシジルは発毛効果が確認された医薬品として、AGA治療に世界各国で使用されている成分であり、優れた効果で知られています。

 

ミノキシジルは血圧の治療用に開発された由来がありますが、臨床試験で発毛効果が発見され、AGA治療薬として転用されるようになりました。

 

同じくAGA治療に効果的とされるフィナステリドは、使用する場合は医師による処方が必要です。

 

しかし、外用のミノキシジルは市販でも入手できる点が特徴です。

 

フィナステリドとミノキシジルは、発毛を促すメカニズムにも違いがあります。

 

ミノキシジルには外用薬と内服薬がありますが、アクタビスは直接頭皮に塗布する外用薬です。

 

ミノキシジルの濃度は、各メーカーや製品の種類によって複数のパターンがあります。

 

アクタビスの場合は、濃度5%と2%の商品が販売されています。

 

一般的に濃度の濃いミノキシジルの方が発毛効果は高いとされており、AGAが進行している男性は濃度5%の方を利用する場合も多いです。

 

そもそも男性の薄毛改善を念頭に開発されたものがアクタビス等のミノキシジル系の育毛剤です。

アクタビスの副作用

女性が濃度の濃いものを利用した場合は、副作用のリスクが大きくなります。

 

アクタビスの濃度5%は男性向けであり、女性に関しては濃度2%の使用が適切です。

 

もちろん濃度2%は男性でも利用できます。

 

育毛剤としてのミノキシジルの効果は、細胞の増殖、タンパク質の合成によるヘアサイクルの正常化です。

 

発毛を促すメカニズムに関してはまだ不明の点もありますが、詳細な臨床結果によって発毛効果は証明されています。

 

休止状態の毛髪を成長状態に移行させ、またその成長を維持する働きがあります。

 

薄毛の原因がAGAでなく、ストレスなどの生活習慣から発生している場合は、別角度からの対処が必要です。

 

AGAクリニックでは、ミノキシジルとフィナステリドを併用して発毛効果を高める治療が多く行われています。

 

アクタビスは濃度によって2種類の商品があるため、女性が使用する場合や、男性が症状によって商品を使い分けることができる点はメリットです。

 

アクタビスはロゲインのような製品と比べれば知名度は低いものの、ジェネリック医薬品であるため、値段も安価で入手できる点がコスト負担を軽くすることに役立ちます。

アクタビスの副作用

アクタビスの副作用については、一般的なミノキシジル育毛剤の副作用に準じています。頭皮のかゆみは最も起こりやすい副作用です。

 

また初期脱毛として、アクタビスの使い始めの頃に抜け毛が増える可能性があります。

 

しかしこれは一時的な状況であるため、使い続けるうちに収まってくるのが一般的です。

 

また、必ず初期脱毛の症状が起こるというわけではなく、個人差があります。

 

身体的症状の副作用も可能性としてはありますが、外用の場合は、内服に比べてそのリスクは低いです。

 

但し、アクタビスを利用する場合も必ず製品に関する注意事項を守ることが重要であり、不安がある人は使用を控えるか、医師や薬剤師に相談することが大切です。

 

国内の製品とは違って代行輸入通販になるため、信頼できる入手先を探すことも重要です。

 

また、通販は、口コミや使った体験談等を参考にできるので、通販で購入する人が多いです。

 

アクタビスはミノキシジル含有で発毛効果が期待できますが、発毛に至るまでのサイクルには時間が必要であり、継続利用を念頭に使う必要があります。

 

 

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top