エフペシア

AGA治療薬エフペシアはプロペシアのジェネリック通販

 

「髪の毛さえあれば、もっとモテるのに。面接でもよい印象を与えられるのに」などと考えている人も多いかと思いますが、ハゲや薄毛と一口に言ってもいろいろな種類があります。

 

AGAはAndorogetic Alopeciaの略で、日本語に直すと男性型脱毛症です。Androgenが男性ホルモン、Alopeciaが脱毛症と言う意味になります。

 

このAGAの治療では、軽症の場合はミノキシジル、中等度以上の場合はプロペシアを使うのが一般的です。学会でも、プロペシアは推奨度がAとなっていて、積極的に強く推奨されています。

 

このプロペシアのジェネリック医薬品(後発品)が、エフペシアです。

 

エフペシアとプロペシアは、主要成分は同じなので効果や効能も同じだと考えられています。

 

プロペシアは米国のメルク社が開発し、すでに世界中で承認されている薬です。

 

日本では、2005年より販売されています。かれこれ15年ほどの歴史があるので、安全性も確保されていると言っても良いでしょう。

 

エフペシアは、1日1回の服用でOKなので、飲み忘れが少ないこともメリットです。

エフペシアは薄毛の進行を遅らせる

プロペシアの主要成分であるフェナステリドは、AGAの進行を遅らせる薬です。

 

AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が、髪の毛の成長を妨げる物質を誘発することが原因で発症すると考えられています。

 

通常は、成長期と呼ばれる発毛サイクルの時期に髪が太く長く成長するのですが、AGAの場合はDHTがこれを妨げるために、成長期が短縮してしまいます。

 

その結果、細く短い状態で髪の毛がサイクルが終了してしまい、頭皮がスカスカになってしまうのです。

 

DHTはテストステロンと言う男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素で作られています。

 

フェナステリドは、この5αリダクターゼを抑制する効果・作用があり、薄毛の進行を抑えることができるのです。

エフペシアが使えない人もいます

このようにAGAの治療薬として世界中で使われている薬が、フェナステリドを主成分とするプロペシアやそのジェネリック医薬品であるエフペシアです。

 

このように聞くと、さっそく飛びつきたくなるかもしれませんが、すぐに飛びつくのは早合点すぎます。

 

薄毛や剥げてきた原因が、AGAかどうかを確かめることが重要です。

 

女性や未成年は、エフペシアやプロペシアは使えません。特に妊娠中や授乳中の女性には、薬に触れることすら良くないと言われています。

 

手で触るだけでも皮膚から吸収されて、体内の男児の生殖器に影響を及ぼすリスクがあるのです。

 

また、20歳未満の未成年も有効性が証明されていないので、使えません。

 

そして、プロペシアやエフペシアなどのフェナステリドを服用中は、献血ができないということも知っておきましょう。

 

その他、重篤な肝機能障害がある人は服用できないこともあります。またうつ病の人が服用すると、うつ病が悪化するケースもあります。

 

プロペシアやエフペシアを服用しようと思った時は、まずは医療機関で採血をして肝機能などの検査をしてもらうことをお勧めします。

 

また服用中も定期的に副作用が出ていないか、採血をして調べる必要があります。

 

そしてもう一つ知っておいて欲しいことがあります。

 

それは、プロペシアやエフペシアを服用中に前立腺がんの検査をすると、検査データに影響を及ぼすことがあるという事です。

 

前立腺がんの腫瘍マーカーである血清PSAの数値を、およそ50%ほど下げてしまいます。そのため、前立腺がんを見逃してしまう可能性もあるのです。

 

万が一この検査を受ける場合は、プロペシアやエフペシアを服用中であるということを必ず医師に告げてください。

エフペシアの効果・効能

国内の臨床試験の結果では、1mgのフェナステリドを1年間投与したところ、およそ58%で改善したと報告されています。3年の服用では78%が改善しているので、この数字は期待できるのではないでしょうか?

 

特に、20歳〜40歳での使用が効果が高いと言われています。

 

プロペシアやエフペシアは抜け毛の予防薬なので、髪の毛がなくなってしまってから服用するよりも、少し気になる程度の頃から服用するのがベターです。

 

どんな疾患でも「早期発見・早期治療」が重要だと言われますが、AGAでもそれは同じです。

 

20歳代でAGAの治療薬を飲むというのは抵抗感が強いかもしれませんが、気になりだしたらその時が一番良い服用タイミングだと言えます。

 

まだ20歳代だから30歳になったら服用しよう、などとためらっているとその間に薄くなるのは髪の毛だけではありません。薬の効果も薄くなってしまいます。

 

加齢に伴って頭皮の毛髪細胞は減少するので、いくら良い薬を服用しても毛髪細胞がない場所には髪の毛を生やすことは極めて難しいのです。

 

毛根細胞がまだあるうちに、治療を開始することをお勧めします。

 

エフペシアは、口コミや使った体験談等を参考にできるので、通販で購入する人が多いです。

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top