バルトレックス

バルトレックス通販

バルトレックス通販はこちら

 

何だか胸に赤いブツブツができて、かゆいようなちょっとチクチク・ピリピリと痛いような気がするなあと思っていたら、翌朝には発疹が帯状に広がって痛いという経験はありませんか?

 

このような発疹が出るときは帯状疱疹(ヘルペス)が疑われます。

 

帯状疱疹の原因はヘルペスウイルスですが、水疱瘡のウイルスと同じです。体の中に潜んでいますが、普段は何も悪さをすることもなく、私たちの体の中で大人しく過ごしています。

 

しかし疲れたときやストレスが溜まっている時や免疫抑制薬やステロイドを使って免疫力を押えている時などに、暴れだすことがあります。

 

ヘルペスウイルスが暴れだすと、体の左右どちらか一方に帯状に赤い発疹が出ます。この発疹は痛みを伴うことが多いことが特徴です。

バルトレックスの効果・効能

このような時にヘルペスが疑われるのですが、このヘルペスの代表的な治療薬がバルトレックスです。

 

バルトレックスは、塩酸パラシクロビルを主成分としています。

 

バルトレックスは唇にヘルペスができる口唇ヘルペスの場合は、朝と夕方の1日2回、1回1錠を服用するのが一般的です。性器ヘルペスの場合も同様です。

 

胸やお腹などの体に痛い発疹ができる帯状疱疹の場合は、1回1錠で1日3回服用します。

 

通常は5日分処方されるので、良くなったと思っても最後までバルトレックスはを飲み切ってください。発疹が治まっても目に見えないウイルスは体の中でまだ残っている可能性があるからです。

 

効果を得るためには、自己判断で勝手にバルトレックスはを服用をやめてしまわないことが重要です。

 

また、ピリピリするような発疹に気が付いたらできるだけ早く対応することがことが大切です。帯状疱疹やヘルペスは放っておいて治るというタイプのものでは、ありません。

 

できるだけ早く薬を服用して適切な治療を受けましょう。遅くても5日以内には治療を開始したほうが効果的です。出来ればすぐにでも病院へ行って治療を開始しましょう。

 

バルトレックスの副作用はほとんどありません。ごくまれに胃腸症状や眠気や頭痛を訴えるケースもありますが、帯状疱疹の際は安静が重要なので、眠いときは我慢しないで休んでください。

 

帯状疱疹で痛みが強い場合は、アセトアミノフェンなどの鎮痛薬も処方されるはずです(カロナールが代表的なアセトアミノフェンを主成分とする鎮痛薬です)。

 

受診時は痛みがなくても夜になって痛くなってくるケースもあるので、痛み止めはもらっておくのが賢明です。

 

帯状疱疹になった場合、多くの病院では点滴で治療するか内服薬で自宅で安静にしているようにと言われます。仕事は休む必要があるので、絶対に無理は禁物です。

 

特に50歳以上の人が帯状疱疹になった場合は、その後帯状疱疹後神経痛と言って、痛みが残ることがあるのです。

 

この痛みに対しては神経に麻酔薬を注射する神経ブロックが必要になることもあるので、帯状疱疹後神経痛を来さないためにも、安静にしていることが重要です。

 

入院を勧められたときは入院するのがベターだと言えます。

 

バルトレックスは吸収性も良く、副作用もほとんどないので安心して服用できるヘルペスや帯状疱疹に効果のある治療薬です。

 

医師の指示に従って、用量や用法を守って服用してください。

 

バルトレックス通販はこちら

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top