クロフラニール

クロフラニール(アナフラニルのジェネリック)の効果

クロフラニール(アナフラニルのジェネリック)は、犬・猫の分離不安や不安症の治療薬です。

 

不安症になると過剰に吠えたり、不適切な場所での排泄や破壊行動、攻撃的な振る舞いなどを起こすようになります。

 

分離不安は愛着のある人などから離れた時に「もう会えないのでは?」「もし何かあったら」という想いから起こるもので、この場合も不安になることで上記の行動を起こします。

 

これを放置しておくことは犬や猫にとっても、ご家庭の環境にとっても良いことではありません。

 

そういった不安症や分離不安の症状を改善できる薬品がクロフラニールが効果があります。

 

犬や猫の不安症は、生理的には脳内のセロトニンの分泌量が減ることによって起こります。

 

クロフラニール(アナフラニルのジェネリック)は有効成分のクロプラミン塩酸塩が犬や猫の中枢神経に働きかけ、脳内のセロトニンの分泌を促すことで不安症を改善する効果を発揮します。

 

セロトニンには鎮静作用があるため、不安になった犬や猫を落ち着かせることができ、それによって問題行動を抑制する効果があります。

 

クロフラニール(アナフラニルのジェネリック)の摂取量は犬の場合は一日二回、猫の場合は一日一回となります。

 

犬の場合は体重1kgあたり、クロプラミン塩酸塩の配合量換算で一回につき1mgから2mgを経口摂取させます。

 

猫の場合は体重1kgあたり、クロプラミン塩酸塩の配合量換算で一回につき0.4mgの経口摂取となります。

 

初期以降の投与においては、獣医師の指示にしたがって便宜調整します。

クロフラニールの副作用

クロフラニールには副作用があります。

 

クロフラニールは、犬の場合は食欲不振や嘔吐、下痢、嗜眠が起こることがあり、猫の場合はその上に口渇や鎮静、うつ病が引き起こされることがあります。

 

その中における「嗜眠」とはただ眠っている状態とは違う「意識障害」であり、強い刺激を与えなければ起きないような状態です。

 

これらの副作用に気を付けつつ投与する必要があります。

 

クロフラニールは既存薬のアナフラニールのジェネリック薬であるため、比較的安価な値段購入できます。

 

ネット通販では、口コミや体験談の効果を参考にしてリーズナブルな値段で購入できます。

クロフラニール10mg

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top