エラワン

【エラワン】アフターピル(緊急避妊薬)

エラワンモーニングアフターピル(緊急避妊薬)の一つであり、ジェネリック医薬品にエラがあります。

 

通常のモーニングアフターピル(緊急避妊薬)の場合、失敗したと思われる性交から72時間以内に服用することで妊娠を回避できる確率が高まりますが、エラワンにおいては性交後120時間以内であれば妊娠を回避することができ、第3のアフターピル(緊急避妊薬)として注目されています。

 

この効果においては臨床試験が行われており、性交後72時間以内にエラワンとレボノルゲストレルを服用した場合とを比べた場合、妊娠率はエラワンが1.36%、レボノルゲストレルが2.15%でした。

 

このようなことからエラワンは、本来あるアフターピル(緊急避妊薬)と同じように緊急的に避妊できることが判明しています。

 

エラワンに含まれているのはウリプリスタル酢酸エステルであり、日本では承認されていないため海外から輸入するなどして服用をしていきます。通販でも購入できます。

 

ウリプリスタル酢酸エステルは受精そのものを妨害したり、受精したとしても受精卵が着床をするのを防いだりすることができ、服用時期によっては排卵を抑制、またはおくらせることができます。

 

エラワンは、服用するタイミングが大変大切であり、120時間以内に服用すれば高い確率で妊娠を回避できるものの、できるだけ早くに服用することが望ましく、より妊娠を回避することができます。

 

なお、エラワンを服用後3時間以内に嘔吐した場合は体の中に有効成分がしっかりと吸収されていない可能性があるので、追加でもう1錠エラワンを服用しなくてはなりません。

 

エラワンジェネリックにおいても同様の効果が確認されており、より安価な値段で購入することができます。ネット通販であれば口コミや体験談で効果を確認できるので、参考にする人も多いです。

 

副作用も同じであり頭痛や吐き気、腹痛が起こるのが一般的です。ですが、次第に消失していくので後まで残ることはありません。

 

低用量ピル・避妊薬 300 × 250

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top