フェミロン

フェミロン(マーシロンジェネリック)超低用量ピルの効果

フェミロンはシンガポールの製薬会社が2014年に製造販売を開始した薬で、1994年に開発されたマーシロンのジェネリック品です。

 

5mgから15mgまで計3種類の容量で販売されており、段階的服用となるタブレット錠になっています。

 

フェミロンの得られる効果は避妊・生理痛緩和、生理周期の安定のほか乳がん・子宮がん等の婦人科系疾患の予防にも効果を発揮するのが特徴です。

 

このフェミロンの主要成分は卵胞ホルモンの分泌を促すマーベロンとなってて、脳の下垂部に作用することで黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスを調整することができます。

 

日本では2001年からマーシロンの使用許可が厚労省から下りていて、医療機関で処方されるピルの代表格にもなっているほど広く普及されているほどです。

 

フェミロンの効果を各使用目的ごとに分けて見ていくと、避妊の場合は1日3錠から1錠ずつ減らす段階服用を実施していくと排卵を抑制することが可能です。

フェミロンの服用

フェミロンは、成人女性で5mgの服用が目安です。

 

生理周期の安定を目的とした場合は1日2回の服用を約20日間継続すれば、正常な生理周期へと導くことができます。

 

これはフェミロンの効果で、女性ホルモンの分泌を活性化させられるために得られるからです。

 

婦人科系疾患の予防薬として使用する場合は、医療機関で現時点の女性ホルモン量を測定する必要があります。

 

この検査によって得られるホルモン量に応じてフェミロンの服用量が異なり、段階的な服用・一定量の服用のどちらを選ぶのかを医師が判断します。

 

フェミロンには目立った副作用は報告されていませんが、マーシロンのジェネリック品ということを考慮すると、個人によっては食欲減退や不眠という症状があらわれる場合もあります。

 

通販の口コミや体験談で効果を参考にするのもよいでしょう。通販は、値段もリーズナブルなので、利用する人が増えています。

 

低用量ピル・避妊薬 300 × 250

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top