ノベロン

ノベロン(マーベロンジェネリック)〜ピル(経口避妊薬)

 

 

ノベロンは、マーベロンのジェネリック薬の低用量ピル(経口避妊薬)で避妊に効果があります。

 

ノベロン(低用量ピル)は、製薬メーカーMSD社によって製造・販売されている低用量ピル(経口避妊薬)で、マーベロンという商品名で日本では販売されています。

 

ノベロン(低用量ピル)は、1錠に黄体ホルモンのデソゲストレルを0.15mg、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを0.03mg含んでいます。

 

ノベロン(低用量ピル)は、比較的新しい医薬品で通販の口コミでも人気のある薬です。

 

一相性の医薬品で、デソゲストレルとエチニルエストラジオールを一定の含有量に均一なため、どの錠剤から飲んでも問題なく、経口避妊薬でよくある決まった日に決まった含有量の錠剤を服用する必要がないため、飲み忘れをあまり気にせずに、安全に避妊効果を体験できます。

 

ノベロンは、排卵を制御することにより、ノベロンの避妊作用が発揮され効果があります。

 

子宮内膜を変化させ、着床阻害作用および精子通過性阻害作用をあらわすことでも避妊の成功率をアップします。。

 

ノベロン(低用量ピル)服用の注意点は、ノベロンの服用により、年齢、肥満、喫煙、家族歴等のリスク因子の有無にかかわらず副作用の症状として血栓症があらわれることがあります。

 

血栓症の症状で緊急の対応が必要な状況は、四肢の脱力・麻痺、下肢の急激な疼痛・腫脹、、急性視力障害突然の息切れ、胸痛、激しい頭痛、構語障害等です。

 

上記のような症状がもし現れたらノベロンを飲むことを中止し、医療機関を受診して下さい。

 

ヘビースモーカー、高齢者の方は、血栓症の発生リスクが高くなるので、注意が必要です。とくに35歳以上の女性で特に顕著です。ピル(経口避妊薬)を使用する際には、必ず禁煙するようにしてください。

ノベロン(マーベロンジェネリック)の飲み方

薬の服用をスタートするタイミング

 

はじめてノベロン(低用量ピル)を服用する場合は、「生理が始まった初日」から服用を開始です。

 

生理初日から遅れた場合、服用を始めた1週間はコンドーム等の着用等の避妊もして下さい。

 

1日1錠を決まった時間に21日間服用してください。

 

21日間かけてシートの錠剤をすべてのノベロン(マーベロンジェネリック)の服用し終えたら、7日間の休薬期間が必要です。。

 

7日間の休薬期間後、生理が終わっていても続いていても、避妊を継続したい方は翌日から新しいノベロン(低用量ピル)のシートの服用を開始してください。

 

(そして、28日間を1サイクルとして繰り返して同じように服用して下さい)

 

 

ノベロンの効果・効能

ノベロンは、知名度のある製薬メーカーであるMSD社のお薬です。

 

日本では、ノベロンは、マーベロンという名前で処方されているので、マーベロンが薬局で処方されます。

 

エストロゲンの成分含有量が少ないノベロンは、低用量ピルであるマーベロンというピルのジェネリック医薬品なんで効果も同じです。

 

ノベロンは、28日以上飲み続ける事により、卵胞ホルモンは着床を阻害し、妊娠することを阻害し、避妊効果が期待できます。

 

低用量ピルの中では体に優しく副作用も少なく、日本人女性に最も頻用されています。生理や避妊効果だけじゃなくて、肌の調子もよくなる女性もいます。

 

通販の口コミでもノベロンを体験した女性からの人気は高いです。

 

強力な排卵抑制効果を有するピル(経口避妊薬)のノベロンは、第3世代のピル(経口避妊薬)といわれる新しいピル(経口避妊薬)で、日本はもちろん海外女性にも多くの利用者がいますし、口コミで通販でも人気です。

 

また、生理不順・生理痛・PMS【月経前症候群】などの改善効果があります。

 

ピルは以前と違って副作用も少ない低用量ピルが今は主流で、日によって飲む錠剤が決められていたり、休薬期間があるものなど、その女性の体にに合わせた効果的なピル(経口避妊薬)を選ぶ事が大切です。

 

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top