トリキュラー21

トリキュラー21錠(低用量ピル)の特徴・効果効能

 

トリキュラー21は、「確実に避妊」「月経困難症」「PMS(月経前症候群)」「大人ニキビ」「子宮内膜症」に効果があります。

 

トリキュラー21は、規則正しく服用すれば、高い避妊効果(約99%)があると報告されています。

 

トリキュラー21は、飲み忘れや服用時間のずれがあったとしても約91%の効果が維持されると報告されています。

 

トリキュラー21錠はピル(経口避妊薬)です。

 

ピル(経口避妊薬)には、エチニルエストラジオールという卵胞ホルモンと黄体ホルモンが入っています。

 

トリキュラー21錠の卵胞ホルモンは低用量なので、低用量ピルといわれています。

 

女性ホルモンの卵胞ホルモン「エストロゲン」と黄体ホルモン「プロゲステロン」は、女性機能の発達、妊娠・出産、身体機能のサポート等に大きく関係している大切なホルモンで、この2つのホルモンの増減によって生理周期のリズムができて、妊娠出産が成立するのです。

 

トリキュラー21は低用量ピルで、エストロゲン・プロゲステロンを含む女性ホルモン医薬品です。通販の口コミでも人気です。

 

女性が自らで生理や妊娠をコントロールし、男性に頼らず簡易に行える経口避妊薬で、高い避妊効果があり、服用の用法をきちんと守った場合の避妊率はほぼ100%です。

 

低用量ピルは3つの部分に影響して避妊効果を高めます。

 

@排卵が起こらないようにするために卵胞を成熟させるホルモン分泌が抑えられる。

 

トリキュラーを服用すると女性ホルモンを体内に取りいれます。すると、脳下垂体が妊娠状と認識し、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくい状態になります。

 

A子宮内膜は、増殖して厚くなることで受精卵を受け入れやすくなるのですが、、子宮内膜が薄いと着床しにくい=妊娠が成立しにくくなります。

 

Bは黄体ホルモンの効果によって子宮頚管(子宮の入り口)の粘液を変化させて精子の子宮への侵入を防ぎます。

 

低用量ピル(トリキュラー)は、月経困難症、PMS(月経前困難症)、子宮内膜症、更年期障害、難治性ニキビなどに対して治療の効果があります。

 

トリキュラーは、有効成分として黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールを含みます。

トリキュラーの飲み方

まず、トリキュラー21は、決められた用法・用量を守る事が大切です。

 

トリキュラー21は、休薬期間の7日後、次の日に新しい周期として1錠目を服用することは高い避妊効果を維持するために重要です。

 

トリキュラー21を飲み忘れた時は、、すぐに服用することが大切です。

 

トリキュラー21は、12時間以内であれば効果は持続しますが、、飲み忘れ期間が長くなれば効果が減少していきます。

 

トリキュラー21錠は生理が始まった1日目から飲むことになります。

 

初めてトリキュラーを服用される方は生理が始まった1日目に内服を始め、その後は、1日1回1錠を決まった時間に飲むことになります。。

 

多少の時間のずれは問題ないですが、半日以上のずれはよくありません。

 

トリキュラー21錠は、毎日決まった時間に服用すると約99%という高い避妊効果が得られると報告されています。

 

数回の飲み忘れがあったとしても約91%ほどの効果があるといわれています。

 

しかし、服用開始日が生理が始まった1日目から遅れると、最初の1週間は効果が下がると言われていますので、注意が必要です。

 

トリキュラー21は、用法を守れば効果が期待できる世界中の女性が利用しているピル(経口避妊薬)で、通販の口コミでも人気です。

 

最近は、通販で購入する女性も増えています。口コミを確認できるのがよいのかもしれません。

トリキュラーの副作用

トリキュラーの副作用は、乳房の張り・痛み、不正出血、眠気、倦怠感、頭痛、胸のむかつき、吐き気、下腹部痛、動悸、めまい等々です。

 

これらの副作用は、低用量ピルを服用することによるホルモンバランスの変化で起こるものなのでそれほど心配する必要はありません。

 

 

ベストセラー集結!10箱買えば2箱無料! 720 x 300

page top